★最安値公式サイトはこちら!★


どんなに優れたスキンケア商品でも、全ての人の肌に合うことはありません。

洗顔石鹸であるノンエーも、石鹸だからといって全ての人の肌に合うことはないので、使用する前に成分などをチェックすることは大切です。

化粧品に対して、副作用という単語はめったに使用しません。それはどうしてかというと、化粧品は薬品ではないからです。

ただ、現代では研究が進んで化粧品も肌に影響を与えることがあるということがわかってきたので、肌トラブルが増えている現代では副作用という単語を使う人もいるのです。

スキンケア商品で生じる肌のほとんどのトラブルは、アレルギー反応になります。

体調によってアレルギーが生じることがあるし、カラダに害のないものでも人によって反応することがあるため、アレルギーは体質や肌質によるところがあります。

ノンエーの洗顔石鹸は、肌に優しいので肌が敏感な人でも使用できると謳われていますが、実際にはどうなのか見ていきましょう!

ノンエーの全配合成分をチェック!

洗顔石鹸であるノンエーの主な配合成分は、グリチルリチン酸ジカリウムになります。

この成分は、漢方薬や風邪薬にも使われていて、ステロイドのような抗炎症作用の働きをします。

また、甘みがあるので漬物のような加工食品への甘味料としても使用されている成分です。

強い成分になるので摂取しすぎるのは良くないのですが、石鹸に含まれている量なら大丈夫です。

グリチルリチン酸ジカリウムは、高い信頼のある成分なので安心して使うことができるでしょう。

ただ、ステロイドにアレルギーがある場合は、使用する前に必ずパッチテストをするか、購入したときにもらえるお試し用のミニサイズの石鹸で試すようにしてくださいね。

ノンエーに配合されていて少し気になるのが、ダイズエキスの成分です。

ダイスエキスはスキンケア商品によく使われる成分なのですが、豆類にアレルギーがある場合もパッチテストをして反応をチェックすることをおすすめします。

大豆に含まれているイソフラボンは、シミやシミを抑制して肌を美肌へと導いてくれるのですが、女性ホルモンに似た物質なのでアレルギー反応が生じる人も少なくありません。

小麦エキスでひどい肌荒れを生じたことが問題となっていましたが、小麦や大豆類は元々はカラダに必要な成分です。

ただ、過剰摂取や環境の変化によって、特定の人には劇薬のような重い反応が生じることもあるので注意してくださいね。

ノンエーに関する副作用のまとめ

ノンエーに関する副作用や成分についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

ノンエーの配合成分は少ないため、肌への影響も少ないと言えます。

また、防腐剤のパラベンは配合されていないというのも安心ですね、

ただ、ノンエーの使用に不安がある人は、使用する前に必ずパッチテストを行って反応をチェックするようにしましょう。

口コミを確認しても、肌荒れや副作用が起きたという人はほとんどいません。肌に優しい無添加なので、副作用をあまり気にしなくても大丈夫でしょう。

低い評価の口コミも参考になるので、ノンエーの口コミを確認してみてくださいね。

★最安値公式サイトはこちら!★