★最安値公式サイトはこちら!★


ノンエーの正しい洗顔方法やノンエーで洗顔するときの注意点は知っておきたいですよね。

ノンエーで洗顔するときに大切なことは、キメの細かい泡を作ることです。

これは基本中の基本なので、特典でもらえる泡立てネットを利用して、弾力のある泡を作るようにしましょう。

洗顔方法には、注意点があります。

そこで今回は、ノンエーの正しい洗顔方法と洗顔するときの注意点についてご紹介していきますね!

 

ノンエーの正しい洗顔方法!

 

先程もお伝えしたのですが、ノンエーを泡立てるときは、特典でもらえる泡立てネットを使ってキメの細かい泡を作ってくださいね。

動画を参考にして泡を作ってみましょう。

泡ができたら、泡の一部をTゾーンに乗せます。そうすれば、皮脂が多いTゾーンの汚れをキレイに落とすことができるでしょう。

Tゾーンが脂っこくない人は問題ないのですが、顔全体を一度に洗ってしまうとTゾーンの皮脂汚れが落ちないこともあるので注意してくださいね。

顔を洗うときは、ゴシゴシ擦らずに泡の弾力で洗うようにしましょう。

泡の弾力で洗うように意識しなければ、無意識のうちにゴシゴシ洗うことがあるので意識してくださいね。

ノンエーは、ぬるま湯で簡単に洗い流せるという特徴もあります。

洗顔後は、いつもと同じスキンケアをして肌を整えましょう。

 

ノンエーで洗顔するときの注意点!

石鹸で顔を洗うと、洗浄力、弱アルカリ性、肌がつっぱる、というデメリットがあります。

では、デメリットを踏まえた上で注意することをご紹介していきますね。

まずは、「洗顔に時間をかけない」ということです。

ニキビができていると、汚れをしっかり落とそうとしてしまいがちです。

でも、時間をかけて肌を洗うと皮脂を必要以上に取りすぎてしまいます。

そうなると肌が乾燥してしまうので、ニキビができる原因になってしまうのです。

洗顔をするときは、「ちょっと足りないかも」というくらいがベストなので気をつけてくださいね。

それから、「まずTゾーンに泡をつけて、頬やUラインは軽めに洗う」ということを心がけるようにしましょう。

私はこのように洗顔するといい感じでした。なので、ノンエーの使用を続けていきながら、自分にとってのいい感じを見つけることをおすすめします。

いい感じで洗顔ができれば、快適に洗顔を続けていくことができるので、肌がしっかりと育ってニキビができにくい肌に導かれていくでしょう。

 

ノンエーの効果を最大限に活かす3つのポイント!

せっかく買ったスキンケア商品は、その効果を十分に実感したいものです。

でも、使用方法が間違っているためにその商品の効果が活かされていないとしたら、かなりがっかりしてしまいますよね。

ノンエーだけでなくどのスキンケア商品でも、使用方法を間違えていたらせっかくの効果は十分に発揮されません。

そんなことにならないために、ここではノンエーの効果を活かすための3つのポイントをご紹介していきますね!

 

ノンエーの効果を最大限に活かす具体的な方法

ノンエーの効果を最大限に活かす3つのポイントは、「洗顔する前にぬるま湯で顔をすすぐ」「泡立てネットを使用して濃密で弾力のある泡を作る」「優しく洗顔して10回以上すすぐ」ということです。

では、一つずつ具体的にご紹介していきますね。

「洗顔する前にぬるま湯で顔をすすぐ」

いきなり洗顔をするのはNGです。

どうしてかというと、顔が汚れているので泡立ちが悪くなってしまうからです。

なので、まずは顔をぬるま湯ですすいで大まかな汚れを落とすようにしましょう。

「朝の洗顔は、すすぐだけでOK」というのは、このことからきています。

水ですすぐのもいいのですが、人肌ていどのぬるま湯ですすぐことをおすすめします。

油が付いた食器を洗うときに、お湯で洗うほうがキレイになるのと同じことです。

ただ、熱すぎると肌が乾燥してしまうため、あくまでもぬるま湯ですすぐようにしてくださいね。

「泡立てネットを使用して濃密で弾力のある泡を作る」

ノンエーの最大の特徴は泡なので、キメの細かい濃密な泡を作ることを心がけるようにしましょう。

特典でもらえる泡立てネットを利用すると、手軽にモコモコの泡を作ることができます。

ゴルフボール3つ分くらいの泡ができたらOKです。慣れるとほんの1分でモコモコの泡が作れるようになるでしょう。

 

 

動画を見てもわかるように、とても簡単ですね。

泡が肌と手の間のクッションの役目をするので、肌に負担をかけることなく洗顔ができるのです。

洗顔するときは、絶対にゴシゴシと擦らないようにしましょう。

弾力のある泡は、肌の上をクルクルと回るので肌に負担をかけずにキレイに汚れを落とすことができます。

泡に弾力がなかったら、洗顔するときに手が肌を押し付けるようになるので、肌に負担がかかってしまいます。

洗顔は毎日することなので、このような小さな間違いが年齢を重ねたときに大きな違いとして現れてしまうため注意してくださいね。

「優しく洗顔して10回以上すすぐ」

石鹸で顔を洗うときのポイントは、さっさと洗顔をすることです。

なので、泡を顔にずっと乗せていたり、汚れが落ちたかどうか不安になってこすりすぎたりするのはNGなのです。洗顔は、30秒ほどでOKでしょう。

そして、優しく洗顔をしたら必ず10回以上のすすぎをしてくださいね。

意外に10回のすすぎをしていない人はたくさんいます。

すすぎは、「すすぎすぎかも」というくらいがベストです。

石鹸洗顔をするとつっぱり感を感じる人が多いのですが、石鹸で洗顔すると石鹸カスが肌に付着するので、それが肌から落ちるまでつっぱりを感じてしまうのです。

でも、石鹸カスは水で分解されて落ちるものなので、石鹸で洗顔をして肌がつっぱるというのはすすぎが足りていない可能性が高いです。

これに関しては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

なので、「もういいかな」と思ったときに、さらに1、2回のすすぎをするようにしてみましょう。

そしてしっかりとすすぎをしたら、いつものスキンケアで肌の仕上げをしてくださいね。

以上の3つのポイントを意識して毎日の洗顔をすれば、ノンエーの効果を最大限に感じることができるはずです。

正しい洗顔を毎日続ければ、弱った肌が元気になってターンオーバーも整えられるので、ニキビができにくい肌にスムーズに導かれていきます!

★最安値公式サイトはこちら!★